競馬予想をするうえでの心得など諸々

競馬は必ず勝てる、攻略出来るといった方法は存在しません。

しかし、馬券の的中率を上げる事は出来ると思います。

自分の中で馬券の組み立てや予想がブレないように決まった考え方や方法で予想して馬券を購入しています。

毎回、予想が ブレてしまっていては的中率も上昇していきません。

後悔しないように自分で決めたルールを守って楽しく馬券を買っています。

そんな、私の馬券の購入方法ですがオッズで馬券を購入しない点です。

オッズを見ながら買い目を決めてしまうとどうしても高いオッズの買い目に目が眩んでしまいます。

オッズに左右されないようにして馬券を購入しています。

私の場合は、重賞などのメインを中心に馬券を買っています。

自分の中で作っているルーティンですが、まずは週初めに出走予定馬のチェックをします。

そこからデータ収集をスタートしていきます。

そのレースの傾向や得意としている血統、相性の良いローテーション、週末の天気予報までデータを集めていきます。

そして、次にチェックするのは最終追い切りです。

最終追い切りでしっかりタイムを出してきているかを新聞などの情報で確認します。

そして、金曜日になると出馬表が確定します。

枠順が決定するためコース、距離を元に内枠、外枠どちらが有利か確認し有力馬がどの枠に入っているかチェックします。

週末前までにデータの収集を全て終えてある程度の買い目を固めます。

そして、レース当日の週末にパドックを確認します。

データ収集で固めた予想を元にパドックで馬の状態をチェックします。

馬体の張りや踏み込み、落ち着きなどレース前の状態を目で見て確認します。

レース前にテンションが高くなり過ぎていると騎手の制御が効かないケースがあったり、逆に馬に走る気が無いと普段の脚を使う事が出来ません。

そのため私は、必ずパドックで馬の状態をチェックするようにしています。

パドックで調子が良さそうと判断して馬券を購入しても外れる事は多いですが、全くパドックをチェックしない時よりも的中率は高くなっています。

競馬に絶対は無いと言われている通り、簡単に馬券を的中する事は専門家の方でも難しいです。

予想が立たないドラマが起きる事も競馬の魅力となっています。

毎週、楽しく予想して馬券を購入するように心掛けています。

そのためには自分の決めたルールを守った馬券の購入方法を徹底しています。

的中率は思うように上がりませんがこれからも頑張りたいです。