競馬予想をするうえでの心得など諸々

私は競馬が大好きで週末になると馬券を購入しています。

馬券を購入するレースですが、メインは重賞レースを中心にして購入しています。

新馬戦や条件戦といったレースもありますが、荒れる事が多かったり若い馬の場合は、不安定な要素が多いため避けています。

安定した成績が出せるようになる古馬の重賞レースを狙って馬券を買っています。

そんな、馬券の購入ですが事前に様々な視点からデータを収集しています。

まずは、購入するレースの傾向について分析します。

レース自体にも特性があり、血統、ローテーションなど対象となるレースとの相性があります。

過去のレース結果から相性の良いデータを収集しています。

例えばら相性が良い前哨戦や好走馬が多い血統などを分析しています。

競馬はブラッドスポーツとも呼ばれており、血統により馬の特性も異なります。

そのため相性が良い、悪いは必ず現れます。

また、ローテーションについても非常に重要です。

適度なレース間隔や距離など前哨戦との繋がりも非常に重要な要素となっています。

これらのデータは、普段から閲覧しているインターネットの競馬サイトでチェックをしています。

JRAの公式サイトにもレース傾向や過去の勝ち馬などが掲載されているため馬券の購入時に参考にしています。

次に購入する馬の選び方ですが、パドックを重要視しています。

パドックでは、レース前の状態を把握する事が出来ます。

気合いが乗っている馬、気合いが乗りすぎている馬、発汗が激しい馬、元気が無い馬などパドックの周回中にチェックする事が出来ます。

馬の接していないと中々、判断が付かないですが素人でも感覚的に調子が良さそう、悪そうといった判断が出来ます。

私は、データ収集をして事前にある程度予想を決めておきます。

その後、当日のパドックを見て最終判断を下しています。

調教が良かったり相性の良い血統、ローテーションなど全てのデータが当てはまっていたとしてもやはりレース前の馬の状態を確認するまで馬券の買い目を決めないようにしています。

自分の目で見て確認して馬券の買い目を決定するようにしています。

自分の目で見て買った馬券が外れたとしても悔いが残らないからです。

まずは、データ収集をして馬券の買い目の組み立てを行い当日のパドックや馬体重で最終決定をしています。

それでも中々、馬券を当てる事が出来ませんが納得のいく買い目で馬券が買えるように日々、勉強をしています。